SIMフリースマホ

【海外SIMフリー】低価格なエントリーモデル「honor V9 Play」情報

投稿日:

中国のHauwei(ファーウェイ)は、2017年9月に、新型スマートフォン「honor V9 Play」を発表しています。

「honor V9 Play」の主な特長

honor V9 Play

「honor V9 Play」は、モデル名からも「honor V9」の廉価版です。非常に高いスペックをもった「honor V9」と比較すると、かなり抑えられたスペックで低価格なモデルとなっています。

「honor V9 Play」の主な特徴についてまとめておきます。

5.2インチHDディスプレイ

「honor V9 Play」は5.2インチHDディスプレイを搭載したエントリークラスのモデルになっています。

オクタコアプロセッサ

「honor V9 Play」はSoCに「MediaTek MT6750」を採用。オクタコアプロセッサ(1.5GHz×4+1.0GHz×4)を搭載しています。

コストパフォーマンスの高さで定評ある「g07+」が、ほぼ同等のSoC「MediaTek MT6750T」を搭載しています。

「honor V9 Play」の内部ストレージ容量は32GBです。miroSD(最大128GB)にも対応しています。

本体背面には指紋センサーを搭載しています。

発売日と価格

「honor V9 Play」の現地における販売価格は3GB RAMモデルが999元(約1.7万円)、4GB RAMモデルが1199元(約2.0万円)です。

「honor V9 Play」のスペックレビュー

「honor V9 Play」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 7.0(EMUI 5.1)
  • ディスプレイ:5.2 インチ(1280×720)
  • SoC:MediaTek MT6750
  • CPU:Octa Core 1.5GHz×4+1.0GHz×4
  • RAM:3GB/4GB
  • ROM:32GB
  • カメラ:REAR:13MP(f2.0) FRONT:8MP(f2.2)
  • Wi-Fi:802.11 b/g/n
  • 指紋センサー:○
  • バッテリー:3000mAh
  • サイズ/重量:73.2(W)×147.9(D)×7.65(H) mm / 145g

まとめ

「honor V9 Play」は「honor V9」からスペックはかなり抑えられていますが、価格もかなり抑えられています。

単独のモデルとしてみると、それなりのスペックですが、ファーウェイのスマートフォンとしてはかなり低価格になっています。コスパはなかなか高そうな感じです。

このスペックでは「honor V9」シリーズの位置付けはちょっとしっくりこないです、、、。それなりのスペックですし、他のモデル名を使ったほうがしっくりくる気がします。同じようなタイミングで、ファーウェイの低価格モデル「honor 6 Play」が発表されています。「honor V9 Play」よりもさらに低価格となっています。

Source

荣耀V9 play - VMALL

-SIMフリースマホ

Copyright© Huawei Fan Blog , 2018 All Rights Reserved.