HUAWEI Mate 10 実機レビュー

【実機レビュー】「HUAWEI Mate 10 Pro」はAI採用でライカカメラ搭載のハイスペックSIMフリースマホ

更新日:

ファーウェイ・ジャパンが2017年12月1日に発売したフラグシップモデル「HUAWEI Mate 10 Pro」をじっくり試すことができましたので、レビューをまとめておきます。

HUAWEI Mate 10 Proが到着

「HUAWEI Mate 10 Pro」ではAI処理専用プロセッサを搭載したのが大きなトピックとなっています。また、前モデル「Mate 9」でも好評であったライカカメラがさらに進化しています。

「HUAWEI Mate 10 Pro」の市場想定価格は89800円(税別)。「HUAWEI Mate 10 Pro」はかなりのハイスペックモデルということでSIMフリースマホとしてはかなり高額な部類です。

FANBLOG
さすが「Pro」って感じの価格設定です。ユーザーとしては日本未発売の「HUAWEI Mate 10」を待っている方も多いような気がします。
新型フラグシップ「HUAWEI Mate 10」「HUAWEI Mate 10 Pro」情報 | 日本発売予定あり

中国のHuawei(ファーウェイ)は、2017年10月に、新型フラグシップモデルとして「HUAWEI Mate 10」、「HUAWEI Mate 10 Pro」を発表しています。 前モデル「HUAWE ...

続きを見る

さっそく、「HUAWEI Mate 10 Pro」をチェックしていきます。

「HUAWEI Mate 10 Pro」実機レビュー

まずは「HUAWEI Mate 10 Pro」のスペックからおさらいです。

  • OS:Android 8.0 (EMUI 8.0)
  • ディスプレイ:6.0 インチ(2160×1080)
  • SoC:Kirin 970
  • CPU:Octa Core 2.36GHz×4+1.8GHz×4
  • RAM:6GB
  • ROM:128GB
  • カメラ:REAR:12MP+20MP FRONT:8MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:4000mAh
  • FDD LTE: B1/2/3/4/5/7/8/9/12/17/19/20/26/28/32
  • TDD LTE: B34/38/39/40/41
  • WCDMA: B1/2/4/5/6/8/19
  • サイズ/重量:74.5(W)×154.2(D)×7.9(H) mm / 178g

縦長ディスプレイ

「HUAWEI Mate 10 Pro」の外観でまず目を引くのは、アスペクト比18:9の縦長ディスプレイを搭載していることです。

HUAWEI Mate 10 Pro

ベゼル幅が非常に狭くなっていて、実際の画面占有
率は80%オーバーとなっています。解像度はフルHD+(2160×1080)とハイスペックモデルとしては一般的なものとなっています。

HUAWEI Mate 10 Proの前面カメラ

狭額縁デザインですが、フロントカメラはディスプレイの上にちゃんとあります。フロントカメラは800万画素カメラになっています。

Tyoe-C

HUAWEI Mate 10 ProのUSBポート

「HUAWEI Mate 10 Pro」のUSBポートはType-Cです。上下なく挿せるので便利です。急速充電「スーパーチャージ(5V/2A or 5V/4.5A or 4.5V/5A)」に対応しています。

FANBLOG
バッテリー容量が4000mAhと大容量なので、急速充電の対応状況は大切ですね。

HUAWEI Mate 10 Pro

ボディ上部です。「赤外線発光部」と「サブマイク」があります。残念ながら「HUAWEI Mate 10 Pro」はイヤホンジャックは搭載していません。

HUAWEI Mate 10 Pro

電源ボタン周りです。

HUAWEI Mate 10 Pro

SIMスロットです。実際にSIMスロットを取り出してみましょう。

HUAWEI Mate 10 Pro

「HUAWEI Mate 10 Pro」はデュアルシムに対応しています。対応サイズは「Nano SIM」のみです。

「HUAWEI Mate 10 Pro」はmicroSDカードには対応していないので注意が必要です。

FANBLOG
microSDカードには対応していませんが、内部ストレージ容量は128GBと大容量です。これだけの容量があれば当分は安心できるでしょうね!

HUAWEI Mate 10 ProのSIMスロットにカード

執筆時点(2017年12月10日)では、「HUAWEI Mate 10 Pro」は「au VoLTE」には対応していません。CDMA2000にも対応していませんので、現時点ではau回線での通話は不可となっています。

「HUAWEI Mate 10 Pro」はauの4Gバンド自体には対応しているので、「HUAWEI Mate 10 Pro」に「mineo(Aプラン)」の通話SIMを挿してデータ通信はできています。通話はできませんが、、、。

FANBLOG
アップデートで「au VoLTE」に対応する可能性が高そうですね。

今回のレビュー機は「チタニウムグレー」カラーのものです。

HUAWEI Mate 10 Pro

ガラスで覆われた背面のデザインは美しく、ラウンドした形状になっています。人間工学に基づいた湾曲しているということで、持った感じのフィット感はなかなかです。

ガラス素材を採用しているので少し滑りやすくなっていので注意が必要です。

なお、「HUAWEI Mate 10 Pro」の付属品として「TPUケース」が付属しています。落下からの故障リスクを軽減したいという方にはうれしい付属です。

FANBLOG
ファーウェイスマホに付属しているケースはハード系のケースが多いのですが、「HUAWEI Mate 10 Pro」はTPU素材のものになっています。理由は、、、まったくわかりません。

前面はベゼルレスデザインとなっていることから、指紋センサーは背面に搭載されています。

ファーウェイスマホは指紋認証の速さで定評があります。「HUAWEI Mate 10 Pro」も軽く触るとすぐに指紋認証できます。

HUAWEI Mate 10 Proの重量

重量を測ってみると、ほぼスペック通りの180gを少し切るぐらいでした。6インチで大容量バッテリーを搭載したモデルとしては許容できる範囲だと感じています。

また、「HUAWEI Mate 10 Pro」ではユーザー待望の防水対応となっています。IP67レベルという高い防水防塵性能をもっています。

ベンチマーク

「HUAWEI Mate 10 Pro」は新型SoC「Kirin 970」を搭載するなど、文句なしにハイスペックなモデルとなっています。「Antutu V6.27」でベンチマークを行ってみました。

「HUAWEI Mate 10 Pro」のAntutuスコア

Antutuで3回計測してみたところ、3回とも175000オーバーのスコアとなりました。

Androidのスマートフォンとしてはトップレベルのスコアになっています。

さらに、Geekbenchでもベンチ計測しておきました。

「HUAWEI Mate 10 Pro」でGeekbench

ベンチマークスコアの高さだけでなく、実際に操作していてもサクサクと動作します。

メモリ状況

メモリ状況もチェックしておきました。「HUAWEI Mate 10 Pro」のメモリ仕様は「6GB RAM+128GB ROM」になっています。

「HUAWEI Mate 10 Pro」のメモリ状況

「HUAWEI Mate 10 Pro」はmicroSDカードに対応していません。気になる内部ストレージの状況は空き容量が「108GB」となっていました。100GBオーバーの空き容量があれば当分は安心して使用できそうです。

6GB搭載しているメモリも空きが3GB以上となっています。こちらもまだまだ余裕ですね。

背面にデュアルカメラ

「HUAWEI Mate 10 Pro」の大きな魅力は、背面にLeicaダブルレンズカメラを搭載し、AIプロセッサを生かしてさらにハイレベルな撮影を手軽に行えることです。

「HUAWEI Mate 10 Pro」のライカカメラ

センサーは2000万画素のモノクロと、1200万画素のカラーの組み合わせになっています。カメラの組み合わせとしては画質を重視したものになっています。f/1.6の明るいレンズを採用していて、光学手ぶれ補正を搭載しているので、暗所での撮影にも強くなっています。

これまでのライカレンズカメラ搭載のスマートフォン同様に、多くの場面において高画質で撮影ができます。

「HUAWEI Mate 10 Pro」の写真サンプル

まとめ

およそ9万円という価格にはびっくりしましたが、実際に触ってみるとすべてにおいてかなりハイレベルな仕上がりで、このような価格設定にも納得できます。

「HUAWEI Mate 10 Pro」は、AI搭載ということで、今後のスマートフォンの方向性を示すかもしれない意欲的なモデルとなっています。

Source

HUAWEI Mate 10 Pro スマートフォン | 携帯電話 | HUAWEI Japan

-HUAWEI Mate 10, 実機レビュー

Copyright© Huawei Fan Blog , 2018 All Rights Reserved.