HUAWEI nova SIMフリースマホ 実機レビュー

【実機レビュー】ファーウェイ「HUAWEI nova」はスタイリッシュでコンパクトなSIMフリースマホ

更新日:

2017年2月24日発売のファーウェイ・ジャパンのSIMフリースマホ「HUAWEI nova」のレビューを書いておきます。

同じ「nova」シリーズの「HUAWEI nova lite」のレビューを別ページにまめています。ぜひ参考にしてみてください。

【実機レビュー】ファーウェイ 「HUAWEI nova lite」は驚愕コスパのSIMフリースマホ

Huawei(ファーウェイ)が2017年2月24日に発売したSIMフリースマホ「HUAWEI nova lite」を購入したので、特長などを紹介するためにレビューを書いておきます。MVNOモデルという ...

続きを見る

「HUAWEI nova」レビュー

まずは、「HUAWEI nova」のスペックをおさらいしておきます。

OS Android 6.0(Emotion UI 4.1)
ディスプレイ 5.0 インチ(1920 x 1080)
SoC Snapdragon 625
CPU Octa-Core 2.0GHz×8
ROM 32GB
RAM 3GB
カメラ REAR:12MP(f2.2) FRONT:8MP(f2.0)
指紋センサー
USB Type-C
Wi-Fi 802.11 b/g/n
バッテリー 3020mAh
サイズ/重量 約69.1(W)×141.2(D)×7.1(H) mm / 146g

「HUAWEI nova」は、質感を高めたコンパクトな仕上がりのモデルとなっています。また、2枚のSIM(4G+3G)で同時待ち受け可能なデュアルシムデュアルスタンバイ(DSDS)に対応しています。同じ「nova」シリーズの「HUAWEI nova lite」はDSDSには対応しません。

「HUAWEI nova」の市場想定価格は37980円(税抜)です。同じSoC「Snapdragon 625」搭載している競合モデル「ZenFone 3 (ZE520KL)」とはかなり近い価格帯になっています。

さっそく、コンパクトでハイスペックなSIMフリースマホ「HUAWEI nova」のレビューを開始します。

「HUAWEI nova」

「HUAWEI nova」は、前面に2.5Dガラス、背面はメタルボディという質感の高いスタイリッシュなデザインが大きな特長となっています。

まずは外箱から見ていきましょう。

外箱

Huawei Novaの外箱

「HUAWEI nova」の外箱はコンパクトなものになっています。「HUAWEI nova」というロゴが書かれたステッカーが印象的です。

Huawei Novaの外箱を開封

「HUAWEI nova lite」と同じように、ファーウェイスマホではおなじみの感じで本体は収めされていました。

付属品

外箱に入っていた付属品を並べてみました。

Huawei novaの付属品をチェック

クリアケース(ハード)が付属しているのが目を引きます。また、USB Type-C対応のケーブルを挿すACアダプターはコンパクトなものになっています。

ファーウェイ製の多くのスマホと同様に、クリアケースが付属しているのは非常にうれしい点ですね。

なんとケースが付属!「HUAWEI nova lite」の付属品をチェックしてみた

2017年2月24日に発売されたファーウェイ・ジャパンのSIMフリースマホ「HUAWEI nova lite」を入手。およそ2万円のSIMフリースマホとは思えないほどのデザインとパフォーマンスを持った ...

続きを見る

前面

さっそく、「HUAWEI nova」を外箱から出して、ボディのデザインをチェックしていきます。

まずは、前面からです。

Huawei novaの前面デザイン

「HUAWEI nova」は5.0インチのフルHD液晶を搭載。ベゼル幅は比較的狭いものになっていて、画面占有率は76%と比較的高いものとなっています。

ボディ幅が約69.1mmとなっていて、実際に手に持ったときの持ちやすさを実感できるぐらいのコンパクトな仕上がりになっています。

ディスプレイ表面はトレンドとなっている2.5D曲面ガラスに覆われています。耐久性を高めるだけでなく、エッジにかけて緩やかにカーブする形状で、デザイン性も高めています。

フロントカメラ周り

Huawei novaのフロントカメラ

「HUAWEI nova」のフロントカメラの仕様は800万画素(f2.0)です。比較的明るいレンズを採用しています。セルフィー機能を重視される方にとってはしっかりチェックしておきたいポイントです。

ホームボタンはオンスクリーン

Huawei novaのホームボタンはオンスクリーンキー

ホームボタンは、ディスプレイ上に表示される「オンスクリーン式」になっています。

背面

「HUAWEI nova」はメタル素材のボディを採用。曲線的なデザインになっているのが印象的です。

Huawei Novaの背面デザイン

今回試している「HUAWEI nova」のカラーは「ローズゴールド」です。派手すぎず、落ち着いた色合いになっています。光のあたり方によって表情が変化しますので、もう一枚のせておきます。

Huawei Novaの背面パターン

背面はマグネシウムとアルミの合金になっていて、手に持ったときに「ひんやり」というメタルボディ特有の感じがします。

背表面はサンドブラスト加工を施されていて、少しだけざらつきをもたせた仕上げになっています。このサンドブラスト加工が施されれていることで、滑りやすさが軽減されているのは見逃せません。

ボディの右側面には「音声ボタン」、「電源ボタン」があります。

Huawei Novaぼボディ右側面

フレーム部分にはダイヤモンドカットが施されていて、光の屈折・反射などで上質なデザインを演出しています。

ボディの左側面には、「SIMスロット」があります。デュアルシムデュアルスタンバイに対応していることは大きな注目ポイントです。

Huawei Novaのボディ左側面

2枚のSIMカードのサイズは、ともに「Nano」サイズ。「iPhone」で用いられているような、「HUAWEI nova」に付属している専用ピンを使って、スロットを引き出してチェックしてみました。

SIMスロット

Huawei NovaのSIMスロット

SIMスロット自体も「ローズゴールド」になっているという丁寧なお仕事に少し驚きました。

このあたりに「HUAWEI nova」のデザインに対するこだわりが見て取れます。

「ローズゴールド」なSIMスロット上に2枚のSIMカードを置いてみました。

Huawei NovaのSIMスロットにSIMカード2枚を置いた

SIMスロットの形状から分かるように、「Slot2」はMicroSDカードスロットも兼ねる形になっています。よって、MicroSDカードを使用したい場合は、2枚のSIMを挿すことができません。

1枚のSIMカードを、MicroSDカードに変えてみました。

Huawei NovaのSIMスロットにSIMとmicroSDカード

「HUAWEI nova」はDSDS対応機ですので、このあたりの仕様は気になるポイントだと思います。

2017年3月に配信されてたソフトウェアアップデートによって「au VoLTE」に対応。該当のアップデートを適用することでauおよびau網のMVNOを利用することが可能となります。

リアカメラと指紋センサー

リアに搭載されているカメラの仕様は1200万画素(f2.2)となっています。4K動画撮影にも対応。

Huawei Novaのリアカメラ

気になるカメラの出っ張りはほぼありません。

リアカメラの下には指紋センサーを搭載。指紋センサーは従来モデルからさらに進化。「様々な角度」からのタッチに対応しておよそ0.4秒で反応する高性能なものになっています。

持ちやすいコンパクトなボディ

実際に「HUAWEI nova」を手に持ってみました。

Huawei Novaを持ってみた

やはり、一般的な5.2インチクラスや5.5インチクラスのスマートフォンと比較するとコンパクトです。

片手で持った状態でストレスなく操作できています。

HUAWEI nova liteと比較

若干サイズが大きい、5.2インチディスプレイ搭載の「HUAWEI nova lite」と並べてみました。右が「HUAWEI nova」で、左が「HUAWEI nova lite」です。

Huawei NovaとHUAWEI nova liteを比較

両モデルともにコンパクトに仕上がっていますが、特に「HUAWEI nova」がコンパクトであることが分かっていただけると思います。

2機種のフレーム部分も比較しておきました。

Huawei nova lite

Huawei Nova

光をあてると、フレームに施された加工の差をしっかりと確認できます。

起動時をチェック

「HUAWEI nova」の起動して基本的な状況をチェックしてみます。

ホーム画面

まずは、「HUAWEI nova」のホーム画面です。

Huawei Nova ホーム画面1Huawei Nova ホーム画面2

初期状態ではホーム画面にすべてのアプリが表示されるスタイルになっています。「設定」を変更することでドロワーにおいてすべてのアプリを表示するスタイルに変更することができます。

プリインストールされているアプリはそれほど多くなく、ファーウェイ純正のアプリやGoogleアプリが中心です。

メモリ周りをチェック

「HUAWEI nova」のメモリ仕様は「3GB RAM+32GB ROM」です。内部ストレージ容量が「HUAWEI nova lite」の2倍になっています。

まずは、内部ストレージの状況から確認。

HUAWEI novaの内部ストレージ状況

空き容量が「22.58 GB」と表示されていました。一般的な使用用途であれば、当分の間は安心できる空き状況だと思います。

次に、メモリをチェック。

HUAWEI novaのメモリをチェック

空きが「1.4GB」でした。こちらも一般的な使用用途であれば快適に使用できる状況です。

ベンチマークを実施

「HUAWEI nova」はミドルクラスとしてはパフォーマンス優れたSoC「Snapdragon 625」を採用しています。

実際に操作してみるとかなり軽快に動作しています。

「HUAWEI nova」でベンチマークを実施してみました。

「Antutu V6.27」での総合スコアは以下のとおりでした。

HUAWEI novaのAntutuスコア

6万点オーバーというスコアとなりました。SoCなどのスペックからすると期待通りのスコアです。

このあたりも「HUAWEI nova lite」を上回っています。

「Geekbench 4.0.4」でも計測しておきました。

HUAWEI novaをGeekbenchでベンチ計測

人気ゲームをインストール

「HUAWEI nova」に人気ゲームアプリをインストールしてプレイできるか確認してみました。

インストールしたゲームアプリは、「ポケモンGO」、「モンスターストライク(モンスト)」、「パズルアンドドラゴンズ(パズドラ)」、「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」、「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ(デレステ)」です。

HUAWEI novaでパズドラをプレイ
パズル&ドラゴンズ

これらのアプリを軽くプレイしてみたところ、すべてのアプリの動作は問題ありませんでした。

カメラ機能をチェック

「HUAWEI nova」のカメラ機能をチェックします。

メインのリアカメラは1200万画素(f2.2)です。

アプリ「カメラ」を起動すると、かなりスッキリした操作画面になっています。

HUAWEI novaのカメラをチェック

以下の画像のように、多様な「撮影モード」や「設定」が用意されています。

HUAWEI novaのカメラモードHUAWEI novaのカメラ設定

撮影モードを「プロ」に変更すると、シャッタースピードなどを自由に設定することができます。

HUAW EI novaのカメラのプロモード

他のモードとして、笑顔を検知時に自動で撮影する「スマイルキャプチャ」、自撮りを楽しむための「パーフェクトセルフィー」も用意されています。

Wi-Fiスペック

HUAWEI nova Wi-Fi

「HUAWEI nova」のWi-Fiスペックは「802.11b/g/n (2.4GHz)」。5.0GHzには対応していないのが残念な点です。

指紋センサー

「HUAWEI nova」の背面には指紋センサーがあります。

HUAWEI novaの指紋センサー

指紋センサーを用いるための指紋登録に行う必要があります。「設定」→「指紋ID」から設定できます。

HUAWEI novaの指紋センサーを設定HUAWEI novaで指紋登録

実際に「HUAWEI nova」の指紋センサーを使用してみると、軽く触れただけで素早く反応します。指紋認証の精度自体も非常に高いです。

サウンド機能

「HUAWEI nova」のサウンドについてチェックしてみます。

まず、「HUAWEI nova」は、本体下部のUSBポート横にあります。

HUAWEI novaのスピーカー音質

お気に入りの曲をいくつか再生してみた感じでは、スピーカーから聞こえてくる音は普通の音質と感じました。

「HUAWEI nova」のサウンド面で注目しておきたいのは「DTS Headphone X」に対応している点です。

HUAWEI novaはDTS Headphone Xに対応

「DTS Headphone X」の設定をONにして、ヘッドホンで聞くと、拡がりのあるサウンドを楽しむことができました。

まとめ

「HUAWEI nova」は質感の高いデザインのコンパクトなモデルとなっていました。

動作も軽快で、満足度が高そうな仕上がりになっています。

ただ、同時に発売された「HUAWEI nova lite」とは価格差がけっこうあります。機能的には「HUAWEI nova」の方が上位ですがけっこう迷う点かと思います。

デュアルシムデュアルスタンバイ(DSDS)が必要かということが大きな判断ポイントとなりそうです。

以上、参考になる部分があれば幸いです。

Source

「nova」製品ページ|ファーウェイ・ジャパン

-HUAWEI nova, SIMフリースマホ, 実機レビュー

Copyright© Huawei Fan Blog , 2018 All Rights Reserved.