SIMフリータブレット 実機レビュー

【実機レビュー】ローコストのLTE対応タブレット「 MediaPad T1 7.0 LTE 」をチェック SIMフリー

投稿日:

ファーウェイ・ジャパンは、LTE対応の7インチSIMフリータブレット「 MediaPad T1 7.0 LTE 」を2016年10月21日に発売しました。

格安SIMフリータブレットのMediaPad T1 7.0 LTE

「MediaPad T1 7.0 LTE」は販売価格が10980円~という低価格なLTE対応のSIMフリータブレットです。

「 MediaPad T1 7.0 LTE 」を購入

SIMフリータブレットとしては非常に安価な「 MediaPad T1 7.0 LTE 」には、1GB RAM+8GB ROMモデルと2GB RAM+16GB ROMモデルがあります。

カラーは、1GB RAMモデルがシルバーで、2GB RAMモデルがゴールドになっています。

さすがに1GB RAMではきついので、「MediaPad T1 7.0 LTE」の2GB RAMモデルの購入を決断しました。

では、さっそく「 MediaPad T1 7.0 LTE 」のレビューを始めていきます。

【開封編】「MediaPad T1 7.0 LTE」レビュー

さっそく到着した「MediaPad T1 7.0 LTE」を開封して、主にデザイン面を中心としてチェックしていきます。その前に主なスペックについておさらいです。

「 MediaPad T1 7.0 LTE 」(2GB RAMモデル)の主なスペック

OS Android 6.0
ディスプレイ 7.0インチ(1024 x 600)
SoC SC9830I A7
CPU Quad-core 1.5GHz
ROM 16GB
RAM 2GB
カメラ REAR:2MP FRONT:2MP
指紋センサー ×
バッテリー 4100mAh
USBポート micro
サイズ/重量 107(W)×191.8(D)×8.5(H) mm / 278g

SoCの「SC9830I A7」についての性能などの詳細は正直よく分かっていません。スミマセン、、、。ざっくりいうと、1.5GHzクアッドコアということでそれなりです。あとで書いていますが、「Antutu」ベンチマークのスコアでもそれなりです。

いざ「 MediaPad T1 7.0 LTE 」を開封!

まずは、非常にコンパクトな外箱といった印象です。予想していたよりも随分と小さくてびっくりしました。

MediaPad T1 7.0 LTEのパッケージ
  
パッケージ表
 

MediaPad T1 7.0 LTEのパッケージ裏
  
パッケージ裏
 

パッケージ裏側には、主な特長が書かれています。特に目を引いた「メタリックボディ&エレガントデザイン」という表現については、実際の機種を見ながらしっかりとチェックしたいと思います。

次に、付属品を確認してみました。

MediaPad T1 7.0 LTEの付属品
  
付属品を確認
 

本体以外には、ACアダプター、USBケーブル、クイックマニュアル、保証書のみのシンプルな構成です。ACアダプターがコンパクトな設計になっているのはうれしいポイントです。

MediaPad T1 7.0 LTEのボディ正面
  
正面
 

ディスプレイ面をチェックしました。ベゼル幅が分かりやすいように、起動させてみました。最新モデルで流行りとなっている狭額縁ではないことははっきりと分かると思います。まあ、普通の感じだと思います。

家にころがっていた、同じ7インチディスプレイを搭載している「Nexus7(2012)」を横に並べて比べてみました。

MediaPad T1 7.0 LTEとNexus7(2012)を比較
  
左「MediaPad T1 7.0 LTE」 右「Nexus7(2012)」
 

「MediaPad T1 7.0 LTE」の幅が107mmで、懐かしのNexus7(2012)の幅が120mmですので、ボディ幅とベゼル幅の違いを感じることが出来ます。あまりにもNexus7(2012)が古すぎて比較しても意味が無い!というツッコミはご勘弁ください。7インチタブレットが他になかったもので、、、。

MediaPad T1 7.0 LTEの裏面
  
裏面
 

ボディ裏面を確認してみました。これが「メタリックボディ&エレガントデザイン」ということでしょうか。メタリックな部分をベースにして、白い上下部分がプラスチックとなっています。

質感が高いというわけではないですが、価格から考えると頑張っている感じがします。ゴールド自体の色合いも悪くないです。エレガントか?と聞かれると少し動揺しますが(笑)

MediaPad T1 7.0 LTEのボディ右
  
ボディ右
 

ボディの右サイドには電源ボタン、ボリュームボタン、SIMスロット、microSDカードスロットがあります。

SIMスロットとmicroSDカードスロットにはカバーがついた状態ですので、後で開けた状態を確認しておきます。

MediaPad T1 7.0 LTEのボディ左
  
ボディ左
 

ボディの左サイドには、びっくりするぐらいに何もないです(笑)。なにもないがゆえにメタリックな感じが演出されています。

MediaPad T1 7.0 LTEのボディ上
  
ボディ上
 

ボディ上には、イヤホンジャックが確認できます。カメラはリア、フロントともにそれぞれ200万画素なので、ちょっとした記録用程度の画質が予想されます。

格安タブレットですから、カメラ性能はそれほど重要項目となることは少ないと考えています。

MediaPad T1 7.0 LTEのボディ下
  
ボディ下
 

ボディ下には、microUSB端子があります。超ローコストSIMフリータブレットですから、急速充電技術は搭載していないようです。バッテリー容量は4100mAhとなっています。実際に使用してみるとバッテリーの持ちは悪くないです。

MediaPad T1 7.0 LTE
  
SIMスロット+microSDスロット
 

「MediaPad T1 7.0 LTE」のSIMスロットは1枚のSIMのみを挿せるシングルシム仕様になっています。対応するSIMカードのサイズはmicroです。

SIMスロットの隣にmicroSDカードの専用スロットがあります。SIMカードとmicroSDカードは写真のようにセットします。

16GB ROMということで、microSDカードを利用される方が多いと思います。

開封編まとめ

以上、開封編でした。価格からするとそれなりに頑張ったデザインになっています。気になる重量が278gです。実際に手にしてみると、コンパクトかつ軽量です。この点はかなり好印象です。

次は、実際に起動してみて、気になる基本性能を確認してみようと思っています。

【起動編】「 MediaPad T1 7.0 LTE 」をレビュー

次に、実際に「 MediaPad T1 7.0 LTE 」を起動して、基本的な部分をチェックしてみました。

初期設定

まずは、起動すると言語の選択から始まり、よく見慣れた感じの設定画面が続きます。なお、「MediaPad T1 7.0 LTE」のWi-Fi機能については、IEEE802.11b/g/n(2.4GHz)対応です。

MediaPad T1 7.0 LTEの初期設定
初期設定

初期設定自体は、Googleアカウント設定など、よく見慣れた感じの設定となっています。慣れている方にとっては迷うことなく設定することができると思います。

プリインストールアプリを確認

次に、プリインストールアプリを確認してみました。

MediaPad T1 7.0 LTEのプリインストール
プリインストールアプリ1

MediaPad T1 7.0 LTEのプリインストールその2
プリインストールアプリ2

プリインストールされているアプリは数は少なく、比較的シンプルなものばかりです。この点はSIMフリータブレットの良さを感じます。

メモリ周りを確認

2GB RAM+16GB ROMモデルということで、気になるメモリ周りを確認したのが下の画像です。

MediaPad T1 7.0 LTEのメモリ
メモリ周りをチェック

まずは、アプリを追加インストールしていない状況で内部ストレージを確認してみました。内部ストレージは空きが10.44GB(全体10.78GB)です。

メモリは1.33GBが利用可能と表示されています。初期状態では予想していたよりも残容量が残っています。

なお、内部ストレージ不足になった場合に役立つ、microSDカードについては、最大容量128GBまで対応です。

「 Antutu 」でベンチマーク

パフォーマンスについてもすごく気になるので、さっそく「 Antutu 」を用いてベンチマークを3回行ってみました。結果は以下の通りです。

MediaPad T1 7.0 LTE
「 Antutu 」でベンチマーク

「 MediaPad T1 7.0 LTE 」は1.5GHzクアッドコアプロセッサを搭載しています。Antutuの総合スコアをみると、26000強となっています。比較的新しいSIMフリースマホの人気エントリーモデルでいえば、「 ZenFone Go 」あたりを思い出すスコアですね。

発熱などについて

ベンチマークやいくつかアプリを立ち上げても、気になる発熱はありませんでした。全体的には安定して動作している印象です。

タッチ精度

ここで「 MediaPad T1 7.0 LTE 」の非常に残念な点を挙げておきます。それは、タッチパネルの品質があまり良くないということです。

他の最新スマホなどと比較すると、タッチの反応が悪く、文字入力がうまくいかない場合が結構あります。

どうしょうもないというレベルではありませんが、タッチの反応が悪さは「やすスマ」にとって気になるレベルです。

起動編まとめ

以上、起動編でした。色々と触っていても、それほど発熱を感じる場面はなく、安定して動作している印象です。結構大切だと思っているGPS性能などの本格的に性能チェックも行っていく予定です。

【基本性能編】mineoでネット接続

「 MediaPad T1 7.0 LTE 」はSIMフリータブレットということで、さっそく「mineo」でネット接続してみました!

設定からAPN一覧を確認してみると、SIMフリータブレットということで、イオンモバイル、LINEモバイル、OCN モバイル ONEなど主要なMVNOがプリセットされています。

MediaPad T1 7.0 LTEのAPNセット
  
APN一覧の一部
 

「 MediaPad T1 7.0 LTE 」に挿している格安SIM「mineo」にプリセットされていたので、選択して接続するとすんなりつなぐことができました。

ネットの設定が完了したということで、勢いに乗って「mineo」でスピードテストを行ってみました。

MediaPad T1 7.0 LTEのスピードテスト
  
Speedtest
 

比較的混雑する平日の17時前ぐらいに実施した結果としては悪くないです。

「テザリング」でWi-FIルーター代わりになるか

「 MediaPad T1 7.0 LTE 」は4100mAhバッテリーを搭載していて、バッテリーの持ちはかなり良い印象です。

それで、常用は厳しいかもしれませんが、「MediaPad T1 7.0 LTE」をWi-Fiルーター代わりにできるか「テザリング」を行ってみました。

「設定」→「その他」→「ポータブルWi-Fiアクセスポイント」から「テザリング」設定を行うことが出来ました。

MediaPad T1 7.0 LTEでテザリング
  
「ポータブルWi-Fiアクセスポイント」
 

「 MediaPad T1 7.0 LTE 」の「テザリング」して、同じファーウェイ製のスマートフォン「HUAWEI P9 lite」と接続してみました。

「テザリング」の際に使用したSIMはIIJmio(ドコモ回線)の格安SIMです。結果としてはあっさりと「テザリング」は成功しました。

アプリ「 Speed Test 」を用いて「 HUAWEI P9 lite 」で回線速度を測定した結果が以下の通りです。

MediaPad T1 7.0 LTEのテザリングでスピードテスト
  
「テザリング」で「Speed Test」
 

結構いい結果が出ていてびっくりしました!データ通信容量の大きい格安SIMを入れて、ときどき「テザリング」ぐらいの用途ならまったく問題なさそうです。

カーナビ代わりになる?

「 MediaPad T1 7.0 LTE 」の大きな役割として、カーナビ代わりになるかということを考えていました。

さっそく、定番の「Yahoo!カーナビ」をインストールしてGPSの精度などを確認しながら、使い勝手を確認してみました。

10kmほど車を走行させて、GPSの精度を確認してみました。格安SIMフリータブレットということで心配していたGPSの精度はそれほど問題ないと感じました。

ただ、個体差かもしれませんが、位置情報を掴むのが遅いということが時々あります。

一旦、位置情報を掴むとナビ自体は比較的スムーズに目的地まで案内してくれることが多いです。

どのような場面で上手く位置情報を掴まないのかの細かな検証まではまだできていません。スンマセン、、、。

気になる解像度をチェック

「MediaPad T1 7.0 LTE」は7インチディスプレイを搭載しています。解像度は1024x600となっており、解像度の低さが気になる方も多いと思ったので、少し確認してみました。

普段使っているときには、気にしだすと輪郭などの粗さに気づきますが、使っているうちに忘れてしまうことが多いと感じてます。気になる方には気になる要素だと思いますが、「やすスマ」としては心配していたほどではないと感じています。

う~ん、なかなか伝わりにくいですよね、、、。解像度については、大切なポイントだと思いますので、機会があれば実際に実機で確認されたほうがよいと思います。

「ポケモンGO」を試してみた

次に、「ポケモンGO」がプレイできるかを確認してみました。「MediaPad T1 7.0 LTE」にはジャイロセンサーが搭載されていませんので、ARモードでは遊ぶことができませんが、「ポケモンGO」のプレイ自体は可能でした。動作も悪いという印象はありません。

MediaPad T1 7.0 LTEでポケモンGO
  
「ポケモンGO」
 

カーナビとしての役割を果たすかどうかについては、なかなか判断が難しい状況です。使用するカーナビアプリによって状況が異なっている印象もありますので。

まとめ

このページには低価格なエントリークラスのSIMフリータブレットについて書いてみました。

別ページに、ハイスペックなSIMフリータブレット「MediaPad M3」について書いています。

【実機レビュー】SIMフリータブレット「MediaPad M3」はハイスペックなエンターテインメントモデル

ファーウェイ(Huawei)のハイスペックなSIMフリータブレット「MediaPad M3」を購入したので、実機レビューを書いておきます。「MediaPad M3」はハイスペックというだけでなく、動画 ...

続きを見る

「MediaPad T1 7.0 LTE」とはまったく方向性の異なるSIMフリータブレットですが、非常に快適なタブレットですので参考にしてみてください。

Source

「 MediaPad T1 7.0 LTE 」製品ページ|ファーウェイ・ジャパン

-SIMフリータブレット, 実機レビュー

Copyright© Huawei Fan Blog , 2018 All Rights Reserved.